SSブログ
前の10件 | -

私は悪くない [ヨガのこころ]

青と白、写真、父の日、Instagram投稿.png

過去に、やってしまったこと
自分が悪かった
だから、私には「幸せ」になる資格はない

私は、苦しむべきだ
だって、あんないひどいことをした
だって、あんな言葉で傷つけた

この苦しい状況は、あの報い

そんな風に思ったこと、全く一度もない!!
人は、すごいな~

私は、いっぱいいっぱい抱えていまして
こう書きながらも、あれやこれが思い出されて
ゾクゾクしますが

「私が今、こうしているけれど、
自分の足元には、死体が累々とあるんですよ」
って、学生時代に、臨床心理学の先生が話ていたような
そんな記憶があります(捏造記憶かもしれません)

しかしながら、
ヨガは過去は問わないんです
そして、
「私」も悪いことなど一切したことがないんです

「私」のあのときの「態度」はよくなかった
とか、
「私」が言った「あの言葉」は悪かった
でも、
「私」は悪くない

なんという!!ことでしょう!!
「私」は、悪くないんだよ
だから、過去に「私」の「間違った考え方」から発した言葉や行動があっても
「私」にその報いが来るわけないんです
「私」じゃなくて、「間違った考え方」が悪かったの

「私」がすべきは、
同じ間違いを起こさないよう行動や言葉に気づきを持つこと

父と朝、15分から30分ぐらいの短い時間
オンラインでヨガの練習をしています
うまく、言葉が伝わらずに「イラっと」することもある
そして、父が私に字を教えているとき、
箸の持ち方を教えているとき、算数を教えているとき、
「イラっと」したんだろうな~って思ったり

「イラっと」を短時間で手放す
「イラっと」を相手にぶつけない
声が大きくなっちゃうことも
ついつい、「さっきも言ったけど」と
嫌味を言っちゃうことも
まだゼロではないですが、

もう1か月以上、
お互いにお互いをあきらめずに
続いています

頭をはたかれながら
大きな声だされながら
ビクッとしながら
父に指導を受けていた幼い頃の
強烈な思い出があるもんで

父のことは、長年、好きではありませんでした
でも、父が悪かったんじゃなくて
父の「教え方」が悪く、「忍耐力」がないのが悪く
そもそも子育てが初めてなんだから、
いろいろが「悪く」っても仕方なかった

ヨガのおかげで、
「父」本人に対してのわだかまりは無くなって
あちゃ~って思うことは、ありますけれど
「父」を毛嫌いしたい気持ちは湧いてこなくなりました

そして、きっと、たぶん
私が悪くなくて、父も悪くないように
誰も悪くないんでしょう

その視点を持てたなら、
他人の「悪業」を声を荒げて指摘し、追及するのは、
違うなって思える
愛があるならば、誰かの「悪い行動」を指摘したら、
改善案も提示するはず

悪い行動をした人のその「人」そのものを
コテンパンに叩いたところで、どうなるのか?
「この者を打ち据えられる、何も罪を犯したことのない者」なんて
どこにもいない

「私」は悪くない=「あなた」も悪くない それが大前提
ただ、私の考え方が起こした間違いには気づいて、正して、繰り返さないこと

ヨガって、本当にすごい
臨床心理学が面白い!と学んだことがありましたが、
もっと、シンプルにもっともっと昔から、ヨガは人間を科学していた
正しく、それが伝わったらば、世界はものすごく居心地がいい場所になると思います

ワナカムヨガスクールで、ヨガを
マスター・スダカーから学んでいます

自分に対して、興味があるならば、一緒にヨガを学びませんか?



nice!(0)  コメント(0) 

比べる トラブル [ヨガのこころ]

私って、こんな人
自己紹介をしてみようと思ったら、
名前、出身地、好きなもの
そんな項目で話したりしますよね。

人に話さなくとも、
「私ってこんな人」っていう
セルフイメージもある

私も最近、オンラインクラスや
動画の撮影をしたりして、
自分の声を聴く機会が増えて
みんながほめてくれていたけれど、
耳ざわりにならない声だな
と、この声をくれた両親に感謝したり

それは、さておき
性格だからって自分が思っていて
変えられないと思っているもの
本当に「私」ですか?
それ、思い込みじゃないですか?

ヨガの問いかけに
「私は誰?」というのがあります
禅問答みたいですね

私は誰?
過去にも
今でも
未来でも
不変なもの
それが真実だと、ヨガは説きます

今、自分が知っている自分は不変ですか?

私のヨガの師、マスター・スダカーは
たびたびに、こう問いかけをくださって
考えてもみなかったことを考えるチャンスをくれます

私は誰?
比較することで、形作った私の輪郭ではなくて、
私の核の部分

見たことありますか?
考えたことありますか?
知りたいと思いませんか?

人と比べることで、
自分を卑下したり、思い上がったり
苦しんだり、有頂天になったり
なかなかに忙しい

不変とは、程遠い日常を送っていて
それが当たり前になっているけれど、
そうじゃない、平穏が自分の中、奥の方にあるらしい

まだ、手が届かないけれど、
外側には絶対に探せない

今日も、練習をするなかで、
あれかな、もしかして、これかな
を探っています

全然検討違いなことしてそうな気もしますが
本当に楽しいです!!

Blue Ocean Photo Summer Instagram Post.png
nice!(0)  コメント(0) 

自分の中にあるもの [ビジョンオブヨガ]

私、変わりたい!とか
成長したい!とか
思うよね?

向上心があってとても好ましい

だけどさ、たぶん私に必要なのは
自分の中を掘り起こす作業

生まれてから、ずーっといろんな影響を受けて
自分の中に、経験が積み重なり、
「こうなったら、こうなる」という公式を
たくさん作ってきた

けれども、その公式は自分が作った公式で
自分が自分にかけた呪い、自縄自縛
身動きがとれなくなる

何層にも自分にコーティングを重ねてしまって
今の私になっている

だから、いらないコーティングを剥がしていけば
成長もできるし、変われるんだと思います

え~!何それと思うかもしれませんが、
宝石は、岩の中から掘り出すでしょ?それと同じく
私たちは、まったく違うものに変身するんじゃなく
超巨大な岩山にしてしまった自分を切り崩して
ピカピカなクリスタルを掘り出せばいい

そんな気がしています

「いいもの」「価値のあるもの」は、自分がもう持ってる

私のヨガの師、マスター・スダカーは
いろいろな練習方法を教えてくださいます
その練習方法は、たった1分やるだけで、
前屈がすっと深まったり、
腰が存在しないような気になるぐらい
軽くなったりするんです

マスターは、すごい!!と思うし、
すごいんですが、マスターが教えてくれているのは、
効率のいい掘り出し方で、
もともとの私は
前屈もスーッと深くできて
腰に違和感ゼロという
そのものが「私」であって
自分への呪いみたいな着ぐるみスーツを着ていたから
前屈も苦しくって、腰も重かった

マスターは、私たちの中にもう
「宝石」があるのが見えているから、
この角度で、岩にダイナマイトを差し込めば
取り出せるな、というのが分かっているのだと思います

師、グルというのは、
生徒に、「自分の価値を気が付かせる」というのが役目
そう話してもくださいます

今、マスターの下で学ばせていただいて6年目になって
ようやく、ようやく、その言葉の意味するところが
腑に落ちてきました

まだまだまだ、時間はかかるよ
私が作り上げた岩山を取り崩すのには
でも、可能性が見えているから、
闇雲に掘っていたときよりも希望が見えます

自分の中にあるものを自分が気が付いたら
今度は、私以外の人の中にもそれがあることが
見えてきそうなそんな気がします

nice!(0)  コメント(0) 

オンラインヨガも本物を! [ビジョンオブヨガ]

ヨガの師、マスター・スダカーから集中的に学ぶ機会をまたまたいただきました!!
今年に入って、3月に10日間、4月に10日間そしておとといからの4日間
指導者養成講座を受講しています。

3月の終盤は、オンラインクラスになって
自宅で受講をさせていただいているので、
私は、朝パソコンを立ち上げるだけで
学びの場にいれるのですが、

私たちが、通常の対面クラス同様
もしくは、それ以上に観る、聞く、理解することができるよう
マスター・スダカーと通訳のまどか先生だけではなく
カメラマン、調整役、デモ役とたくさんの仲間が運営を支えてくれています。

人間は本来「与える」ために生まれて来ているんだよ。
そして、この人生を「楽しむ」ために生まれて来ているんだよ。
と、マスター・スダカー自らが惜しみなく与える姿勢を示しながら
そのマスター・スダカーを補佐するチームもまた、
自分の学びの時間を私たちのために差し出してくれている。
本当に感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。と、何度も言うより
私もその姿勢から、学び、実践をするべきだ。

「与える」ことに見返りを求めてしまったら、
その時点で「与える」は、与えるではなくなる。

どれだけ、自分は与えているか?
ほんのちょっぴりも与えていないのではないか?
対価を求めて、行動するだけじゃないか?

こんなことを考えていると、
窓の外で、耕運機が田んぼを耕し始めました。
その耕したあとに、土の中からでてきた虫を食べようと
鳥が歩き回っています。

耕運機を運転している農家さんは、まったく意識ないだろうけれど
鳥に食事を与えているよな~ってその風景を見て
でも、食べられる虫は?やっぱり鳥に命を与えているのか?
そんなことを考え始める。

指針を与えてくれるのが、ヨガ。
それを知った気になってとどまらず、考えて実践して初めて
知恵が生まれるんだよ。

今日も、たくさんのお手本を示していただきました。
私も、自分の背中に自信が持てるように、今日から今から考えて実践します。
もうね、さっき、教えていただいたワークで、腰がスースーするんです。
1分もやっていない動きで、これだけ腰が軽くなる!!
私の体も心も、ますます変わるよ。いい方向へ。

そんな本物のヨガに、今なら、zoomで出会えます。
オンラインクラスが開講されるなんて、この先あるかどうか!
交通費ゼロで、参加できる幸運をどうぞ逃しませんように!

お申込みはこちらから
https://booking.vanakkamyogaschool.com/


zoomblog.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

人間の本質 [ヨガのこころ]

今、マスター・スダカーの指導者養成講座を受けています。
これが、5回目です。
学んでいるのは、「ヨガ」
たぶん、ヨガで、イメージするものとちょっと違うと思う。

ポーズや呼吸の仕方だけを学ぶんじゃないんです。
生き方の指針を示してもらえるのが、「ヨガ」。
人間科学が「ヨガ」。

今日は、人間の本質を教わりました。
教わっただけでは、知識。
「は~い!知ってます」では、もったいなさすぎる。

それを自分に生かすのか、実践するのかは、私次第。

外見、容貌、体つき、骨格、プロポーション
ぱっと見で、これが自分と思う自分
親からもらった体という言い方があるように
自分のものであるけれど、自分が作ったものではない。

私の座高が高いのも、前歯が大きいのも、背が低いのも
自分の見た目の特徴として、ネタとして扱ってきた。
逆に、自分の中でコンプレックスにもしていたとこ。
弱みを強みにと、ネタにしてきたこと。

自分のものじゃ、ないし。
自分が作ったものじゃ、ないし。
それは、与えられたもので、
それに対する賞賛も批判も受け取る必要は全くないどころか、
自分自身で、それらに対して不満をもったり、評価をしたりする必要もまったくなく。
と、いうよりも
それらに対して評価すること自体が、
自分の本質を生かせなくなるのだと教わって

自分が、今まで「隠そう」としてきた努力や
「恥ずかしい」と思っていた感情や
「逆手にとって」と、あがいていたことやら
全部が、無駄だったということと
もう、どれも気にしなくていいんだ~という
安堵感で、ちょっと声がでた。

そして、私の夫が私をそんなところで
評価していないことを思い出して
ああ、だから彼の隣では、安心して眠れるのだと思った。

そもそも、彼は本当のことしか言わないし。

ヨガを学べば学ぶほど、自分を含めて生きているものの
奇跡を美しさを感じます。

世界は、どんなことがあっても美しい。
みんなで、それを信じられるように私にできることをしていきたい。


この時期だからこそ、
私の師、マスター・スダカーの
大人気のワークショップが家で受講できます。
これって、すごいチャンスですよ!!
zoom.jpg

https://booking.vanakkamyogaschool.com/
nice!(0)  コメント(0) 

コロナ離婚 [ヨガのこころ]

家に夫といる時間が増えて、イライラする
コロナ離婚しようかと思う。

そんなトピックが、テレビやネットで取り上げられてますね。

今朝は、テレビでそんな番組を見ながら、
「コミュニケーションの不足だよ~!」と私は大笑い。
コロナで在宅以前から、コミュニケーションが不足していたんだろう、と。

夫は、
「コミュニケーションなんて必要ない」
と、いつもながらの私が黒といえば、白のお返事。

しかし、送り出しに
「行ってらっしゃい。今日は美味しいお弁当だといいね~。」と言ったら

「行ってきます。今日も美味しいお弁当でしょ。」と言って出て行った。

こういうところが、キュンとさせてくれるんです。

愛しているとか、大好きとか言われた記憶もありませんが、
折々にこんなふうに
言われた後、うれしくて跳ね回りたくなるような言葉をくれる。

パートナーには、信頼と尊敬を忘れずに接する。
自分の怒りは、なんで起きているのかを冷静に分析をする。

怒りは、物事が自分が思った通りにならないと湧く感情。
それをヨガの師、マスター・スダカーから教わってからは、
怒りの感情は、湧いてはきても、分析ができるようになりました。

あなたの夫があなたをイラつかせているのではなくて
あなたの夫がとった行動が、私が求めているものと異なることに
怒りがわいているということ。

私は、演出家で、夫が俳優ならば、そこで「怒って」もいいんでしょうが、
夫は、私の作品ではない。夫は、私のものではない。
夫を縛り付けようとする縄は、実は自分を縛り上げてるものかも。

せっかく、出会って一緒に暮らしている人と
笑顔で向き合う毎日を!!


nice!(0)  コメント(1) 

私の右肩 [ヨガのこころ]

ヨガのインストラクターですのに
ものすごく肩回りが硬い私。

「なんじゃこれ?」
のバリバリの肩ですが、そんなもんだと思っていました。

先月、友人のボディサロン Body care salon Sukham
https://www.facebook.com/Body-care-salon-Sukham-114106310047620
で、施術してもらったときに
「これは、心だね」と言われたのですが。

最近になって、そうだね、あれだね、これだね。
と、心の癖が分かってきました。

ヨガの師、マスター・スダカーから
体の練習は、感情によって傷ついた体を傷つく前の状態に戻す効果はある
だけど、感情そのものへ気づきがなければ、感情は体を傷つけ続けると
教わり、
「すごく、体に悪いことしてるよ!!」と個人的に指摘もいただき

そうか~、ふ~ん。とは、思っていましたが、
ここのところ、毎日のように、この硬さは「あれ」
この硬さは「これ」と自分が抱え込んだ感情に気づきがやってきています。

今日は、右肩周り。

占星術師のリマーナすずさんに
「お母さんは、あなたが生まれたとき本当にうれしかったのよ」と、
言ってもらったことがあるのですが、母はとっても母な人でした。
手作りのおやつ、手作りの服、手作りの食事。
家もいつもきれいに掃除してあってそれが当たり前。
でも、私の行動が、母の理想に沿わないと、言葉がきつかった~。

その私の母も自分の母(私の祖母)に、めっちゃ追い込まれてた人。

祖母も母も私も愛し方を誰も知らなかったんです。
愛し方を知らない!って、ヨガの師に言われるまで
私、まったく気づいていませんでしたが、
私、愛し方を全然、分かってませんでした!!

だけど、愛されたいという気持ちは持っている。
母に叱られないため、顔色を伺う。
母を怒らせないため、自分のしたいことを我慢する。
それでも、私は、我慢しきれず、母の制御下からは、はみだしまくってましたし、
学校、職場、結婚と母の目も手も届かない場所に逃げ出し続けました。

そうそう、右肩に乗っかっていた感情は、
「役に立たないと、愛されない」という思い込みでした。

「言われた通りにしないと、愛されない」
「言われた通りにしないから、愛されない」
「愛されたいけど、愛されない」
「母の愛は、私を縛り付けるものですごく苦しい」

冬の夜、ホットカーペットの上に弟と私と母
三人がひざ掛けをかけて、座り、母が絵本を読んでくれた。

そんな思い出すとほうっと心が温かくなる思い出もあるのに
否定的な言葉もいっぱいかけてくれた母
私もまた、母に否定的な言葉をいっぱいかけた。

それが、まだ、私の肩にぐっと食い込んでいるようです。
この4月、母の7回忌を迎えるのに、今もなお。

でもね、私の肩周りの感情に気づけたから
少しずつ食い込んだ思い込みを
手放していこうと思います。

母から、与えられたかった~って、42歳で泣いても仕方ない。
これは、終わった過去だよね、と。
岩のようにガチガチなのをほぐしていって、砂にして、水に流そう。

愛は、与えることに苦痛がなく、見返りを求めないから、
愛を与えられた側もまったく苦しくない。

そうです。

愛は、自由で、結果を求めて条件を提示して与えるものでもない。

そうです。

私にとって、「その人」の行動が不快。
なので、あって、「あなたのために言ってるのよ!」は、
ただ自分の価値観を押し付けているにすぎず、
その言葉には、「あなたがそういう行動をとると、私が困るのよ」
という言葉が省略されている。

私が困るから、という理由が隠れた言葉は、正論でも届かない。

だって、愛から発した言葉じゃないもん。

あなたの健康が、害されると私がとても辛い。
あなたが病気になったら、もっとあの時にあなたの生活習慣を正せたのじゃないか、
と自分を責めることになりそうで、いやだ。

と、思っているので、言います。
「早く寝て欲しい」「スマホ見すぎじゃない?」「休肝日作ったほうがいいよ」

愛からじゃないかもしれないけれど、嘘はないです。

愛からの言葉は、すぐには出ない。練習が必要。だって、愛を習いたてだから。
でも、「嘘のない」言葉なら、出せる。

私の肩をガチガチにさせている
「役に立たないと愛されない」の思い込みを手放して、
愛せる人になろうと思います。

ふわふわの肩回りが、きっといつか取り戻せる。
生まれたときの状態に戻したい。
この体は、借り物だから。

ヨガは、本当に奥深く、そして、とても身近です。
自分のことを見つめる科学という感じ。
「そのままのあなたでいいのよ~」では、ない。
あのままの私だったら、このままの私だったら!
ぞっとします。

ヨガは、よりよく、変わっていく。というか、
生きてきて自分に纏ってしまった要らないものを捨てていく
それが、ヨガなのだと思ってます。


nice!(0)  コメント(0) 

出逢えた幸せ [ヨガのこころ]

2015年にワナカムヨガスクールの指導者養成講座
ヴィジョンオブヨガを受講してから4年。
マスター・スダカーに師事し、ヨガを学んでいます。

今、本物の「ヨガ」に出逢っています。
80歳を過ぎた方にもレッスンをさせていただける、
6歳の子にもレッスンをさせていただける
それも、迷いなく。

そして、私自身もとても元気にいられている。
42歳、この1年、北海道から九州の博多まで
ヨガの師の学びを得たくて、飛行機、電車、バスで移動。
移動の翌日の朝からもまた仕事ができる元気さ。
これももちろん、ヨガの恩恵。

80歳を過ぎた方が、レッスンで
生まれて初めて自分の手がこんなに温かくなって
本当に私の手かしらと、ほっぺに当ててみた。
「ほんまにぬくなって。」
とおっしゃっているのを聞くことができた。

ヨガは、自分が自分の体と話し合う。
マッサージと違う。外からの医療行為とも違う。
自分の意志で動く。そして、自分の動いた結果も
誰の物でもなく、自分のもの。

私のヨガの師は、まるでコンサートの指揮者のようにリードをとっていく。
私たちは、リードに任せて、完璧には動けなくても自分の体と向き合う時間を楽しめる。
自分の心に気付いて涙したりもする。
100人の会場でも2000人の参加者のいた平安神宮でも
参加した一人一人の心と体に届く、ヨガの智慧を惜しげなく伝えて下さる。
本当に惜しみなく。

そんな師の下で学び、師の伝えてくださるヨガを
自分が日常で実践していれば、年をとっていくことへの恐怖はない。
外側からの情報で、自分を縛ることもない。
自由に背筋を伸ばして歩いて行ける。

今年もあとわずか。私と出逢ってくださった人すべてに心から感謝して、
私の最善を尽くしてこれたのか?という問いには、もうちょっとできました。
と、いう返事になってしまうけれど、そこはのびしろとして、来年も学んでいきます。

「学校が好きね~」と、母に言われた言葉通り。
42歳ですが、現役の学生です。生涯、ヨガを学び続けます。
だって、出逢えているから。今、自分が手にしているすべてが愛おしい。
もう少し、もうちょっとずつでも、師を見習って与えられる人になる。
そんなこれからの日々にしようと思います。

「本当に、ぬくなって。」と言ってくださった声が
きっと、ずっと私の心を温めてくれる。ああ、これが師に言われた。
するべきことをしたときに味わえる「蜜の味」なんだな~。

ヨガのインストラクターを仕事にしている方、
マスター・スダカーに出逢ってください。
思いもよらない「蜜の味」を味わうことができます。
それよりも何よりも、自分のことが好きになれます。

カバー.jpg

ワナカムヨガスクールは学校です。
ずっと学び続けることができます。

https://booking.vanakkamyogaschool.com/


nice!(0)  コメント(0) 

自分の価値観 [ヨガのこころ]

今、ヨガの練習法のひとつ、浄化法を練習しています。
これがですね。すごいです。
頭の中が、どんだけ「不必要なもの」でいっぱいかと
びっくりする。

今朝は、
「ドラマティックに生きたい」という
自分の思いがあったことに気がついてびっくりした。
感情をジェットコースターのようにアップダウンだせるのは、
そういう思いが私の中にあったからだった!!
もう、それ別に、要らない。。。

先々週は、
「セックスは、最良の愛情の表現ではない」
という言葉を突然思いついて、
逆に、私の中で、それを最良の愛情表現と思っていた部分がある!
ことに気がついて、これまたびっくりした。
その概念のせいで、自分を傷つけることが多々あったし、
たぶん、その概念に基づいて発言して、
いろんな人を傷つけもしてきたと思います。
本当にごめんなさい。

自分が持っている価値観は、
自分自身が思いついたものというよりは、
生まれ育っていく中で、身近な家族や周囲、地域、国で
常識とされていること。
本、テレビ、いまならネットで、自分が目にし、耳にして
自分の中に貯めていったこと。
そういうもので作られていると思うのです。

だから、不要なものや、自分に適さないものも
だって、世界が「それがいい」って言ってるから
そんな風に自分に植え付けていったのではないかしら。

もっと、シンプルに
美味しく食べて、トイレ行くのを我慢せず、日中眠くならないぐらい十分に寝て
自分が楽しいことを楽しんで、するべきことを楽しんで、生きてることを楽しんで
いたら、いいんじゃなかろうか。

誰かのために微笑むのではなくて、
誰も見ていないけど、自分の顔がす~っと微笑む
そんな時間がたくさんあっていいんじゃないか。

そんなことを思った。
そんなことを誰かに伝えたいと思った。

私、今、静かに幸せですよって、
このブログをさんざん泣き散らかして書いてた
以前の自分に、伝えたいのかもしれません。

これからの人生もますます、楽しみますよ~!!
nice!(0)  コメント(0) 

ヨガ、効能あり [ヨガのこころ]

昨晩のこと
夕食後に夫は、ゴロゴロとソファで横になりながら
テレビを見つつ、スマホで、ゲーム

私は、ちょっとスマホでインスタとか見てたら
もう10時前!!毎朝4時半に起きているので
10時台には寝たい。
台所は、夕食作って食べたままの状態。

お風呂のスイッチを入れて、片づけをしながら
「なんで、私は仕事と家事。夫は仕事が終わったら何もしない?」
と、私って悲劇のヒロイン?スイッチが入りかけ。
このもやもやをため込んでおくのはよくないわ。と、
台所仕事を終えたら、夫のところへ
「私は、仕事と家事とで労働時間が長い。あなたは、仕事から戻れば何もしない。」
「たまには、私の代わりに食器を洗って、お米を研いでもいいんじゃないかと思う」
と、告げてから、お風呂へ

で、お風呂でまた考えた。
なぜ、ふと台所の汚れ物を前に悲しくなったのか。
「台所仕事は面倒で、やりなくないこと」と、思ってるからだ~!!という気付き。

「やることを楽しみなさい。大好きなことをやりなさい」
「Do what you love, love what you do」
ヨガの師、マスター・スダカーから何度となく言ってもらっていること。

お風呂から上がって、夫へ
「私が楽しんでやってないから、あなたへの不満になったんだと思う。」
「私が、絶対こんな楽しいこと、ゆずってあげない」とか
「楽しくて楽しくて仕方な~い」とかって夕食の片づけをすればいいだけのことだった。
と、自分の気付きをシェアしたところ、
「確かにね、楽しくて仕方なさそうにやってたら、やりたいって言うかも」と、返事をもらった。

さっきまで、私ばっかり、家事やって時間なくて、早く寝たいのに。。。
と、グジグジさみしかった気持ちは、どこかへ。
私、まだまだ甘いな。こんなトラップに飲み込まれそうになって。
早く、気がついてよかった~、と。ニコニコで、お風呂上りのほかほかでお布団に入れました。

これもまた、「ヨガ」の効能。

嫌な気持ちを引きずって、眠るのか、
のびしろいっぱいあるな~と、これからの自分の成長を楽しみに眠るのか。

どっちが、健康に良さそうか、考えなくてもわかりますよね。
嫌な気持ちの整理、ささっとできるようになってよかった。
悲劇のヒロインごっこは、もう飽き飽き。

「そして、幸せに暮らしました」な、毎日を。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -